2009年12月10日

あたたかい闇

Dialog in the Dark に行ってきました

かなり前から興味のあったこのイベント。
たまたま時間が合ったので、参加してきました。


予約はインターネットで簡単にできました。
あまりの簡単さに疑ってしまうほどのお手軽さ(慣れていないので)


なーんだ
こんなことならもっと早くいっておけばよかったよ
↑明日できることを明日やろうとするからいけないんだよ自分よ・・・



どきどきしながらの当日。
ひとり参加だったため、「ガイドさんと1対1だったらどうしよう」とか、「私だけ疎外?」とか、いろいろ心配しながら(小心者だから)、それを顔に出さないようにして(あまり意味はない)会場にたどり着きました。


場所は外苑前駅から入ったところ。
方向音痴の私でも大丈夫だったので、多分迷わずたどり着くかと。
徒歩10分ぐらいの道のりでした。


コンクリート打ちっぱなしの今風の建物に、おしゃれなロゴ。
センスがいい・・・というか、私の好きなセンス、というか



受付して、荷物をロッカーに預けてしばし待ちます。
時間になると、参加者(5名)が集まって体験開始です。



「少し暗い部屋」でしばらく目を慣らし、ガイドさんを紹介されてから、「真っ暗闇」へ。


本当に真っ暗


最初は怖かったその闇が、ふしぎなことにだんだん暖かく変わっていくようでした。



闇の中でいろんなことを体験して(詳しくは・・・書きませんね)いくことで、闇が「当たり前なもの」になっていく。
視覚を封じられることで、自分に「他にもつかえるもの」がいっぱいあるとわかる。

「目が使えなかったら耳に頼るだろう」と漠然と思っていた私。
他の感覚もなかなか使えるというのは新鮮な発見でした。


ひとり参加でも大丈夫
みんなで協力して、びっくりするぐらいまとまっていきました。

その「まわりの人」とは
顔や見た目ではなく(覚えるの苦手なんで・・・もともとね)声とかでつながっていた感じでした。


私が体験したのは10月で、秋のプログラムだったそうです。
また違う季節に、違うシチュエーションで参加したいなあ。







いろんなものに感謝したくなったイベントでした。



ダイアログ・イン・ザ・ダーク
公式ページはこちらです↓
http://www.dialoginthedark.com/
posted by すー at 15:47| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ちょっとした「祭り」状態に乗ってみた

マイケル・ジャクソンの"This is it"を見に行ってきました。
(新宿 東急ミラノ)


何もかもがスローモーな私

映画を見なくなったのは多分、見たい映画が「まだやっている」というなんだかわからない確信により見逃すことが多いというこのスローモーさ加減が原因かと最近思っておりまして。


この映画も「まだまだやっているよな絶対」(←どこからくるんだその確信は)と思ってのんびりしていて、あわや間に合わないところでした。


見に行ったのは最終日の11月27日(金)
しかも個人的理由で、その回を逃したらもうだめ・・・という時間。


いや・・・
映画館って混んでいるのね・・・

学生さん(らしき人たち)からおじさまおばさま(らしき人たち)まで、年齢層はさまざま。


ひとりひとりに「マイケル・ジャクソンと私」というテーマで作文提出をお願いしたくなるのをグッとこらえて・・・



いろんな人たちに聞いたとおり、映画では妙に(と感じるぐらい)淡々と、マイケルの復帰コンサートのリハーサルが映し出されます。


内容は、それだけ


みんながプロの仕事をしている
その様が映し出されます。


マイケルはその中央にいます。
演者であり、プロの集団の雇い主として。


頭の中にある広大なスケールのショーを、ひとつずつ形にしていく作業をしている。ある種の職人の技のような印象を受けました。



「ああ、マイケルはもういないんだ」
こう思うだろうと覚悟していましたが、そんなことは忘れるぐらい、職人技に見ほれてしまいました(ええ、職人好きです。っていうかおいらも職人気質です)。
やれ整形だの、そんなことはどうでもいいレベル。
っていうか、そんなことで騒いでいた自分が恥ずかしくなるほどでした。


エンターテインメントの本気の場面は見ていてどきどきわくわくしますね。


私の一番の感激ポイントは「ヒューマンネイチャー」でのマイケルの声の美しさ(フェイク部分)と、コーラスのおねえさんのすばらしさでした。



マイケル・ジャクソンというものすごいエンターテイナーがいたということ。
数十年経ったらこれが資料となってしまうでしょう(「スリラー」や「BAD」のアルバムがそうなったように)けれど、この映画に出てくるプロたちの熱は、きっと後々まで伝わるんだと思います。



DVDで発売するらしいです。しかも低価格!
でもやっぱり映画館で、不特定多数の人たちと同じ空間で体験できて良かったです。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-01-27
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by すー at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

時代っていうかなんていうか

ゼロの焦点/松本清張 カッパノベルス

これを読もうか、「沈まぬ太陽」を読もうか(渡辺謙!)「不毛地帯」を読もうか(この間ついつい特番を見てしまって、原作気になったので)、ものすごく迷った挙句、私以上に読書家(だった)母に聞いてみました。



答え
「あんた、他にやることあるんじゃないの?」



あああああー
そうですねそうですね


というわけで(逃げてみた)、私がこの「ゼロの焦点」を手に取ったのは、ただ単に安かったからです。

カッパノベルス版
500円


頭の中から広末さんを消すのはたいへんだったけれど、そのほかのキャストを知らなかったおかげで結構スムーズに読めました。



暗くて重いトーン
どこまで行ってもグレー
どーんっという重さ(音ではなくて)がずっと心に響いているような感じがしました。


時代については「お見合い」の制度(今とは違うような気がする)や言葉遣いのていねいさ(あー美しい)などありましたが、そんなに引っかからず。


あ、ひとつ引っかかったのは
「36」という年齢(旦那さんの年が36でした)。

そうだよな。
そうだったよな。
っていうか、そうなんだよな


と、日頃現実逃避をして生きている自分(36よりちょっと上)にはぐさっとね、きちゃったわけでして。



舞台は昭和30年代というから、40年ぐらい前でしょうか(ちがうかも)
その間に変わったことも、変わらなかったこともあるんでしょうね。




私は怖がりなので、映画は見られませんが(あーでもわかっているから大丈夫かなあ・・・)、中谷美紀さんはさぞ美しかろうと想像します。



あーでも「36」←しつこいか


ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版

光文社 2009-10-17
売り上げランキング : 6416
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by すー at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。