2009年10月24日

継続するということ

あー・・・もうブログ続かない
っていいながら、いろんなことを体験しているわけでして。

若干時差はありますが(すぐやらないのは性質。すみません)、ちょっとずつでも書いていけたらなあと思います。



おんなじことを数年前にも数回書いている・・・
進歩ないなあ我ながら・・・



タイムファイブ、STBでの年に一度のライブ
今年(2009年)も開催されたので、いってきました。


タイムファイブ・ライブ
〜Timeless Land 2009 SUPER HARMONY〜
2009年10月14日(水)
六本木 STB139



以下はセットリストです

If dreams come true
Invitation
Autumn in New York
The song is you

Straighten up and fly right
Like someone in love
カノン〜みんなでコーラス〜

When I Fall in love
It's only love
In summer

It's alright with me
Embress of you

Glenn Millerメドレー
 In the mood
 Moonlight serenade
 Tuxedo junction
 I know why 
 Chattanooga Choo-Choo

It's almost like being in love
Time after time
It had to be you

Smile


もう恒例になったいつもの席での観賞でした。
わかちゃん、いつもありがとう!


ステージ下手側・・・だと思いますが、いつもわからなくなっちゃいます。中学生のころ(って、もう20年以上前だな)、友達が覚え方「右手にカミをつかむんだ〜」を教えてくれたのを今も頼りにしているのですが、ステージに立っている状態なのか、客席からステージを見るのかがおぼろげで・・・詰めが甘すぎっ


とにかく
ステージ下手側(多分あってると思う・・・)の最前列。
すぐそばには杉江校長。その隣にはてっしーがいる、低音パート側。


最前列で手帳開いてセットリストメモしていたら、あとから杉江校長に「評価つけてた?」といわれてしまいました。


いえ・・・ただ曲名だけです。評価なんてとんでもない・・・

入場して、しこたま食べて、呑んで。
おなかいっぱいになったあたりの午後7時30分スタート。


タイムファイブの面々
踊るし!


踊りながら歌うことのできないおいらは、心底うらやましくなりました。複数のことを同時にできないのでして・・・


オープニングから、いつものように息の合った、すばらしいハーモニー。選曲もスタンダードか?


と思っていたら、サラ・レクターさんが登場。
本当にきれいなボーカリストさん。
軽〜く歌う姿、真似したいです。

出てきただけで華やかになるのはすごいことですよね。
あやかりたい〜


「みんなでコーラス(勝手に命名)」は「カノン」でした。
誕生日偶数、奇数でパート分けして2声のコーラスをしました。
前の方にジャズコーラス組がわんさかいるため、全く心配なく歌いましたが、ちゃんとハモっていたのかいまいちわからず。

あとでてっしー先生にきいたら「きれいだったよー」といわれました。
ほっ


ハーモニーを作ることの楽しさ、再認識。


結成42年。一度もメンバーチェンジせず、継続しているのはやっぱりすごいこと。で、だからこそのハーモニーなんだなあと。

いつもおんなじ結論になってしまいますが。


「また一からのスタートです」といっていたてっしー先生の言葉が妙に耳に残りました。いつまでもいつまでも、この音をきかせて欲しいです。



VOICES in JAZZ
VOICES in JAZZ前田憲男トリオ プラス3 タイムファイブ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-10-22
売り上げランキング : 147982


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by すー at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。