2009年12月04日

時代っていうかなんていうか

ゼロの焦点/松本清張 カッパノベルス

これを読もうか、「沈まぬ太陽」を読もうか(渡辺謙!)「不毛地帯」を読もうか(この間ついつい特番を見てしまって、原作気になったので)、ものすごく迷った挙句、私以上に読書家(だった)母に聞いてみました。



答え
「あんた、他にやることあるんじゃないの?」



あああああー
そうですねそうですね


というわけで(逃げてみた)、私がこの「ゼロの焦点」を手に取ったのは、ただ単に安かったからです。

カッパノベルス版
500円


頭の中から広末さんを消すのはたいへんだったけれど、そのほかのキャストを知らなかったおかげで結構スムーズに読めました。



暗くて重いトーン
どこまで行ってもグレー
どーんっという重さ(音ではなくて)がずっと心に響いているような感じがしました。


時代については「お見合い」の制度(今とは違うような気がする)や言葉遣いのていねいさ(あー美しい)などありましたが、そんなに引っかからず。


あ、ひとつ引っかかったのは
「36」という年齢(旦那さんの年が36でした)。

そうだよな。
そうだったよな。
っていうか、そうなんだよな


と、日頃現実逃避をして生きている自分(36よりちょっと上)にはぐさっとね、きちゃったわけでして。



舞台は昭和30年代というから、40年ぐらい前でしょうか(ちがうかも)
その間に変わったことも、変わらなかったこともあるんでしょうね。




私は怖がりなので、映画は見られませんが(あーでもわかっているから大丈夫かなあ・・・)、中谷美紀さんはさぞ美しかろうと想像します。



あーでも「36」←しつこいか


ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版

光文社 2009-10-17
売り上げランキング : 6416
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by すー at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

文章の相性?

戦車映画/吉田戦車著 小学館

私は活字中毒ですが、どうやらマンガが苦手なようで(ひとごとみたいにいってますが)、以前から「どんなマンガが好き?」ときかれるとこうこたえていました。

字の多いのが好き・・・

マンガの意味があまりないというね。

該当するのが「動物のお医者さん」だったり、川原泉先生の一連の作品だったり、「月は東に日は西に」だったり、パタリロ(説明が結構多い)だったりするわけですが。

どうしてだかまったくわからないのですが、そんな(ひねくれものの)私の「好きなマンガ」の中に、「伝染るんです」もはいっていまして。


当時から、なんで好きなのかがわからないままはまっていたのですが、最近ちょっと理由が分かったような気がします。


吉田戦車さん(あえて「先生」とは書かない)の書く文章が好き


それはたとえば「松尾スズキさんの書く文章があったら、是が非でも手に入れる(が芝居は見たことがない)」とか、そういうのと似ているかもしれない(で、そういう作家さんがあと数人いる・・・)


視点がちょっとうがっているのかもしれませんが、「そうそう」と納得しながらあっという間に読んだ一冊でした。


挿絵も絶妙(ってマンガ家さんだから当たり前か)
たまに出てくるかわうそ君も嬉しい・・・
(ついでに芋たこなんきんの國村隼さんの似顔絵もちょこっと載っていて嬉しい・・・芋たこじゃなくてゴジラだけどさ)

「吉田自転車」もよかったけれど、こっちのほうが個人的に好きでした。

ちなみにまったく関係ないですが、「伝染るんです」でのマイフェイバリットは「はとのようなもの」です。地味すぎる?

戦車映画戦車映画
吉田 戦車

小学館 2006-03-28
売り上げランキング : 198738

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by すー at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

信じる?信じない?

新年一発目の読書はこれでした。

ハローバイバイ 関暁夫の都市伝説−信じるか信じないかはあなた次第/関暁夫


以前、偶然見たテレビ東京の「やりすぎコージー」で、ものすごい存在感で「旧五千円札の話」をしていたのが、この本の著者の関さんでした。

普段の漫才のときよりも淡々と、自分の言葉で語られる新渡戸稲造の五千円札の話・・・


すぐに手持ちの旧五千円札(少し前なので、ちょうどもっていた)を確認し、そのとおりで怖くなったのでした。



そんなことすっかり忘れていた今年初め(つい最近ですね)、福袋を買いにいった下北沢のヴィレッジ・ヴァンガードでこの本を見つけて・・・衝動買いしてしまいました。


で、一気読み・・・


レーガン大統領のくだりでちょっと怖くなり、自身のところでもっと怖くなって、それでもなおやめられなくなって最後まで読んだのですが・・・


最後
怖いです。

おいらはものすごく怖がりなので、眠れなくなっちゃいました。

でも読んじゃうんだけどね。


それぞれの文章の一番最後に「信じるか信じないかはあなた次第です」と呪文のように繰り返されて、それがさらに怖い・・・


都市伝説。
あくまでも「伝説」でありますように・・・


もいっこ
関さん、あなたどうしてそんなことまで知ってるの?


ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第
関 暁夫

竹書房 2006-11
売り上げランキング : 106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by すー at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

読んだ本 1月

あまりにもこのブログを放置状態にしているので、反省しつつ。
一月に一度ぐらいは、その月に読んだ本をあげておこうかなと思いまして。

県庁の星/桂 望実 小学館

おいらの家は公務員一家です。
家族や親戚の公務員率が異様に高いのです。
でもって、おいら自身は販売員を生業にしておりまして・・・
このお話の題材だけで最後まで読んでしまった感があります。

確かに主人公の感情の変化が急激すぎたような気がしますが、人がやる気になる時ってあんななのかもしれないなあ。私は面白く読みました。
映画化されるそうですが、織田裕二は納得。柴崎コウはちょっとはてなマークですね。年齢設定を変えるそうだけれど、できれば風吹ジュンにお願いしたかった・・・というのはやっぱり贅沢ですよねえ。
県庁の星県庁の星
桂 望実

by G-Tools


葉桜の季節に君を想うということ/歌野 晶午 文藝春秋

単行本で400ページを超える大作なので、なんと本を購入してから読み始めるまでまる1年かかってしまいましたが(嫌なことは先に延ばすタイプなんです)、読み出したらさらっと読了しました。自分でもびっくりしました。
ミステリなので本編には深く触れられないのですが、主人公の「ポリシーを持った軽薄さ」がいいなあ。
読みやすいお話だと思います。おいらは3日ぐらいで読めました。400ページがあっという間でした(だったら早く読め、自分)

葉桜の季節に君を想うということ葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午

by G-Tools


甘茶日記/中野翠 毎日新聞社

「サンデー毎日」に連載されているコラムの2005年版です。
中野さんの書く文章、おいらは大好きで、このシリーズは愛読しているのですが、今回もずばずばと書いてくれています。
おりしもいま、ライブドア騒動中ですが、約1年前は「フジ・ニッポン放送」騒動だったんだなあ。まさかこんなに早くこんなことになってしまうとは・・・なんてしみじみしたり。
読みたい本や見たい映画がたくさん紹介されていたり(吾妻ひでおさんの失踪日記、迷っていたけどやっぱり読もうっと)。
中野さんはある事柄に対して判断がつかないときにはっきりと「迷っている」と書くところが好きです。白黒つけなくて中間のグレーでもいいんだ、と。結論を急がなくてもいいんだなと。
P113の山手線 秋葉原付近でのくだりがなんだかとってもしみじみ来てしまいました。そうだよなあ・・・理想は高くないものねだりはおいらも当てはまるので、ちょっと痛かったです。
甘茶日記甘茶日記
中野 翠

by G-Tools


本のことを書くのって難しいと思いつつ。
来月はもしかしたらあまり読めないかもしれませんが、たくさんの本に出会えるといいなあ。

あ、その前に未読本を読んでしまわなければ(20冊ぐらいある・・・って、買いすぎだ)
posted by すー at 01:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

うそばっかり

世間のウソ/日垣隆著 新潮新書

「人間はうそをつく生き物である」と誰かが言っていたなあ。
私ももちろんうそをつきます
良かれと思ってのこともあるし、その場しのぎの場合もあるけれど。
心にもないことを言ってみたりね。しちゃいます。

で、自己嫌悪に陥るのです。
だったらうそつかなきゃいいのに。

「自分はうそをついたことがない」っていう人は、ものすごいうそつきだ。
…というのが、私の持論です。
っつうかいないだろう。そんな人。
っつうかそんな人はわざわざ「自分はうそをついたことがない」なんていわないか。

えーと、そろそろ本題に入ります。
今回ご紹介するのは新書です。「世間のウソ/日垣隆」
ここで扱われているのは世間のウソ、つまり「世間を誤らせる構造的なウソ」であり、前振りに書いた「個人的なうそ」とは違います(区別するためにひらがな表記にしたのです)。

世間のウソの厄介なところは、そのウソを組織や団体でついているので、個人的には何にも考えないことだと思います。考えているとしても、それを口に出せない。

本1冊分、さまざまな世間のウソが書かれています。
当然ですが、同調できる部分とできない部分が存在します。

個人的には「裁判員のウソ」がとても怖くて、興味深かったです。いやだなあ、その制度がそのままだったら(漠然とした書き方しかできませんが)。「児童虐待のウソ」も納得できました。

それはどうよ?と思ってしまったのは「部活のウソ」。これを読んだ感想は「いいじゃん、やらせとけば。中高生はそれくらい自分で判断できるし、いやならやめるという選択もできるよ」でした。ケースバイケースでしょうけれど。

軽妙な語り口で、とても読みやすい本です。あっという間に読めます。
ただ、内容をそのまま鵜呑みにするのではなく、興味を持ったものを調べてちゃんと自分の意見として持っていられるようになるといいなあと、自分に対して思いました。

9月の解散総選挙のことも、日垣さん、書きたくてしょうがないんだろうな。

4106100991世間のウソ
日垣 隆
新潮社 2005-01

by G-Tools

posted by すー at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

アンキャッチーのキャッチーな部分

「あま〜い/スピードワゴン」ぴあ

漫才大好きだけど、ネタ本ってあまり好きではありません
【理由】
恥ずかしくなる。
よほど元気なときでないと、疲れてしまう。
一度読んだら、おしまい。

じゃあなぜこの本をゲットしたんでしょう、私。スピードワゴンは大好きだけど・・・正直、衝動的に手にとってしまい、気づいたらレジでお金を払っていたのです。
夢遊病者か?(記憶はよくなくなる、確かに)

ということで、「あま〜い/スピードワゴン」です。

小沢さんが歯の浮くような、とろけちゃうような(とろけませんが)甘い台詞をいって、井戸田さんが「あま〜い!○○くらい甘いよ」と甘さをたとえる。

甘いネタだけだとおなかいっぱいになりますが(エンタに出ていたとき、本当に食傷気味だったもの)、漫才にちょこっと入っているとおもしろい。

その甘いのネタだけを集めて作っちゃった本。

スピードワゴンのよさのひとつに、「文才」があるとおもいます(以前にも触れて重複していますが)。
小沢さんの書いている漫才、文章がものすごくうまい。
小沢さんの手による「まえがき」が、私にはツボでした。

まんま小沢さんのブログと同じタイプの文章。

「まえがき」2ページで、この本の元は取れたよ(ってなんかおかしいけど)。

あとね、井戸田さんの例え(「ブラジルの黄色いお菓子くらい甘いよ」ってやつ)も、おもしろかった。それぞれのネタに、必ず例えがついていて(私の大好きな「助かるんですけどねー」が載っていてうれしかった←そういう見方)、アクセントになっています。

あれって、井戸田さんが考えているようで(「あとがき」より)、滑っているのもたくさんあるけれど、面白いものは面白かった。
すくなくとも「甘い」より・・・(天邪鬼なのでね。というより2つで1セットだし)

ベスト例えは
「ハナっから方向性の違いで解散すると思ってるバンドのベースぐらい甘いよ」
ベースを持ってくるあたりがね、うまい!

井戸田さんが以前、テレビでボソッと言っていました。
「キャッチーなネタがほしい」って。
「売れるためには、キャッチーが必要」って。
その「キャッチーな部分」がこの本に載っているネタなんだろうな。

でも、私にとって彼らの魅力は「アンキャッチーさ(ex.長い台詞)」なのかもしれない

入口としてはあり。読みやすいし(30分で読めた)。
でも、これが彼らのすべてではなく、あくまでも一部だということは忘れないでほしいな。
もっと面白いネタ、いっぱいあるから。

「果物船隊フルーティちゃん」とか(思いついたから書いてみただけです)

あと、実際の声と動きがないだけの勝負って、彼らには(ひょっとしたら)すごく不利なのかもしれないです。小沢さんのかすれ声と指パッチン、これがないとね(すごく失礼な事いっているような気もするが、気にしない)、甘い言葉は成立しないんだな、ということがよくわかりました。

この本は真面目に読んじゃだめかも。
ぱらぱらめくって、ちらちら見るのがいいのでは?
で、もし何か引っかかるものがあったら、彼らの漫才を見てみてください。
もっと面白いから

それから、表紙の色が、とっても甘いです(どピンク)。ちょっと恥ずかしいです。

483561559Xあま~い!
スピードワゴン
ぴあ 2005-07-30

by G-Tools

posted by すー at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

きもちがわるいだけじゃない

今後、このブログでもたびたび触れると思いますが・・・
おいらはとっても怖がりです。

わかりやすい例だと、映画「タイタニック」が怖くて見られないくらいの怖がり。
ホラーやスプラッターは、見つけると一目散で逃げるくらい嫌いです。

ですが・・・

なんででしょう。

本で読むのは大丈夫。というより、我慢できて読んでしまう。

今回ご紹介するのは、かなり気持ちが悪いです(先に言っておきます)。

「クチュクチュバーン/吉村 萬壱(文芸春秋)」

157ページの薄い単行本なのですが、内容は濃い。
人間が変態していく「クチュクチュバーン」と、異質なもの(新井素子さんみたいないいかただけど)に人間が襲われて逃げ惑う「人間離れ」の2本の短編が収められています。

グロテスクで、人間の本性剥き出し。あまりきれいなものではないけれど、なぜか目が背けられない。

自分(だけ)が生き残るために、必死になっているさまが描かれているような気がして。
助け合おうとか、まだ余裕があるからいえるのかなって。

おりしも「ライブ8」があったばかりだから、余計考えさせられました。
(まったくこの本には関係ないかもしれないけど、「Feed The World」ってやっぱり上からものを見た言い草だと思うし。20年たってもFeedできていないしね)

前半(「クチュクチュバーン」)ではいまいちグロテスクさだけを感じてしまったのですが、それでもシマウマ男の「見る(見守る)のが仕事」という事実には感動したし、後半の「人間離れ」では完全に「美紀子」の視点で読んでいたし。

「美紀子」、ナイスボディで全裸なんですけどね・・・

彼女が感じる悲しみや、恐怖。
とても痛かったです。

いや、通勤途中の山手線で読んでいる私が(今回も)悪いんですけどね。

私は怖がりなので、よく「世界が滅亡する寸前に逃げ惑っている」夢を見るのですが、同じものを活字で読んだ感じがしました。

だから怖くても、気持ち悪くても、読了できたのかも。
読んでいる最中はあんなに気持ち悪かったのに、読み終わった後にいろいろ考えさせられもしましたし(落ち込んだのも事実ですが)。

決して読みやすくはありません。
食事中には間違っても読まないでください。


ただ私は、読んでよかったと思っています。
山手線で読むのはお勧めしませんが・・・

あと、私は図書館で借りてきたのですが、もうすぐ文庫化されるらしいので。
興味もたれた方はどうぞ。

4163207201クチュクチュバーン
吉村 萬壱
文芸春秋 2002-02

by G-Tools

posted by すー at 02:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

かわいいねー (かわいいねー)

タイトルは「いつもここから」のネタからですが、紹介するのは「本」です。
だって思いついちゃったんだもの(←がまんなさい)

「ヒヨコア365日/竹村真奈・高橋有紀子(WAVE出版)」

とってもかわいらしいの。
女の子が二人で作った、愛らしい本です。
毎日を「○○の日」と決めて、365日分。
思い立ったときに、その日を見てみるもよし。
記念日や特別な日を見てみるもよし。

いろんな見方のできる本です。

ちなみに今日(7月5日)は「周りの人々の日(愛のあるコメント集)」
昨日は「ジャニーズな日」でした。

七夕とか、お正月とかはそのとおりですが、そうではない普通の日が、かなり面白い。

で、こういう時って誕生日をつい見ちゃう。
私の誕生日は「お茶研究の日」でした。
一日にゴーヤ茶を1.5リットル飲む私らしいっちゃらしいよな。

実はこの本、誕生日にOちゃん(一応イニシャル、一応ちゃん付け)にいただいたものです。彼女も好きそうだし、私も好きそうなものを良くぞ選んでくれたと思います。

ありがとうねー。

枕元において、ふと気づいたときに見たい一冊です。
(読むのではなくて、見る)



487290138Xヒヨコア365日
竹村 真奈 高橋 有紀子
WAVE出版 2002-10

by G-Tools

posted by すー at 02:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。