2005年07月04日

漫才大好きっ!!

「音楽と本のブログ」と謳っておきながら、いきなり「お笑い」です。
好きなんですよね。
多分一番多感な時期に「漫才ブーム」を体験しているから(83年ぐらい)かもしれない。

で、なんか私、活字データの多い漫才が好きなようで。
あと、かすれ声の人が好き(これはスティングから始まっている)

一押しはスピードワゴンです。

「甘い言葉」「あたし認めない」などでプチブレイクしましたが、本領は「オープニングトーク(枕)にあり」だと思っています。

「俺ね、ノーベル漫才賞を取りたいんだ」
「女に生まれていいことなんて何一つなかった。〜だから私、女捨てたの。」

こんなオープニング、普通ないし・・・。

芝居の要素がふんだんに入っていて、二人とも女役がうまい(というか、かわいいように見えてくる)ので、無理がないのだと思います。

井戸田さんが安達祐実(漢字あってる?)と付き合っているとかいろいろありますが、個人的には関係ない。井戸田さんは小沢さんを愛しているように見えるし(それこそ術中にはまっているということですが)、小沢さんもまんざらではないように見える。

ブログもありますので張っておきますね。
スピードワゴン:井戸田潤さんのブログ http://blog.livedoor.jp/spwjun/
スピードワゴン:小沢一敬さんのブログ http://blog.livedoor.jp/spw1/

小沢さんのブログを見ると、彼の書く文章も好きだなあと思ってしまう。
どうも好きなお笑いの人(ネタを書いているほう)の文章、大体やっぱり好きなんです。
トータルテンボスの大村さんとか、水道橋博士とか。
文章うまい人が好きなのかもしれない(そのくせ私が書いているのはこんなですが・・・勉強します)


このDVDはNHKの「爆笑オンエアバトル」の出演分が収録されています。
このシリーズはいつも思うのですが、芸人さんのルックスの変化は凄いですね。

小沢さん、半ズボンはいてるし(やせているので、結構つらい)
井戸田さん、「ハレルヤ」の主任(大野さん)にそっくりだし(髪型が)


ネタは基本的に変わっていませんが(初期の「ドラマ部」なんて、同じことを漫才でもやっていたし)、やっぱりコントより漫才のほうが自由な分、面白く感じました。

あと、いつも言っていますが、
小沢さんの力を入れた声が、キングオブコメディのボケの人の力を入れた声と同じに聞こえてしょうがありません。私だけ?

この人たちにはずっと漫才をしていてほしい。
人気が出ると漫才(やコント)をする機会は少なくなる(アンタッチャブルとかガレッジとか、ネタ見せたほうがいいのに)けれど、アドリブは弱いような気がするし。

売れても漫才でおねがいしますよーおざわさーん。

B0006ZXEVG爆笑オンエアバトル スピードワゴン
スピードワゴン
ポニーキャニオン 2005-03-16

by G-Tools

posted by すー at 02:14| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。